さんそ先生のキャリア教室

子どもたちの進路・キャリアに助力できるようなことを書きます。

なんで勉強しないといけないの?

f:id:ohtsu-hitomi:20170827114706j:plain

こんばんは、さんそです!(8/26投稿時から校正をかけました)

 

「なんで勉強しないといけないの?」

これはとある高校生から私の後輩を介して問われた質問でした。

その子は勉強しなくても大学に進学できるエスカレーター式の高校に通っていました。

受験のない将来に対して、勉強する意義を感じられなかったようです。

 

勉強とは、将来の選択肢を知り、そして手にするという意味で、選択肢を増やす手段の一つであることは間違いありません。

その子の場合、受験という選択肢の中で、選びたい大学を選び取るために必要な勉強をこれ以上する必要がないと考えたのでしょう。

それは間違った考えではないとは思います。

 

ただ、勉強というのは、単に受験勉強のことだけを指すわけではありません。

先に書いたように、勉強とは将来の選択肢を増やすための手段です。

大学に行けば、その先の就職というステップで何かしらの勉強が必要になります。

 

その勉強に金銭的な不安を抱えることなく時間を費やすことができるのは、モラトリアム期間だけなのです。

例えば、今私が医者になりたいと思って、医学部に入り直して医者になる、その金銭的余裕も勉強に費やせる時間も私にはありません。

 

勉強をしなくても残された選択肢の中で、その場しのぎで生きていくことはできます。 しかし、人生は生きていくのに精一杯なだけではつまらないとは思いませんか?

 

私は、若い感性と保護者の支援がある、限りある時間を密度高く使い、将来の選択肢を探すための勉強をした方がいいのではないかと考えます。

  

LINE@でもコメントや無料相談受け付けてます。

 ↓↓更新通知が届くLINE@、ぜひ登録を!

友だち追加

 
家庭教師事業を行っています。 

careeroxygen.hatenablog.com

 

 

より多くの方へ発信したいため、よろしければクリック・いいね、お願いします。

(ランキングページへ飛びます)

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 進路指導・キャリア教育へにほんブログ村