さんそ先生のキャリア教室

子どもたちの進路・キャリアに助力できるようなことを書きます。

社会人の私が学生の彼氏と遠距離結婚をするに至った話

f:id:ohtsu-hitomi:20171023192907j:plain

こんにちは、さんそです!

今回は結婚をテーマに書きます。
結婚ってキャリアを形成する上でも大きな要素ですよね。

学生の皆さんは漠然と「社会人になって落ち着いたら結婚相手を見つけて結婚するんだろうなぁ」と思っているかもしれません。
しかし、私の旦那の場合は就職を待たずして結婚するに至ったわけです。

しかもタイトルにもある通り、現在は遠距離で結婚生活をしています。

皆さんの中での価値観との相違は多々あると思います。

以下を読んで、人生のキャリアを築く上での参考にしてほしいと思っています。


今の旦那ってどんな人?

  • 大学院生@名古屋
  • 工学部(情報系)で研究中
  • 栃木出身
  • 来年から東京での就職が決定している
  • 出会いは私の当時のバイト先@名古屋

なぜ就職前に結婚しようと思ったの?

 詳細は割愛しますが、早く社会から正式な夫婦として認められたかったことと、結婚するにあたってもらえる会社からの家賃補助も早めに受け取りたかったことが理由です。

親の反対は受けなかったの?

以前から私の両親と旦那は面識があり、彼が私の心の支えになっていることを理解してもらえていました。

また、結婚するにあたって必要な資金は貯金を含め、(実際カツカツでしたが)私の収入で賄えるという主張もあり、反対されることはありませんでした。

旦那の両親についても同じく私は面識があり、人柄を分かってくださっていたので反対はありませんでした。

 

遠距離結婚ってどうやってるの?

土~月:

 東京の新居で二人で過ごす

 大学院生の旦那はSkypeやメールで教授とやり取りをしながら研究活動

 土日は二人でジムへ行ったりご飯を作り置きしたり

 月曜朝に旦那は私が仕事に行くと同時に昼行バスで名古屋へ

 旦那は昼行バスの中でさらに研究活動

火~金:

 旦那は友人と名古屋でルームシェアしながら学生生活を過ごす

 私はシステムエンジニアの仕事へ

 私が仕事から帰った後、電話・メッセージでやり取り

 金曜夜に旦那が名古屋から夜行バスで東京へ

 

この繰り返しです。 

自分が結婚したことで感じたこと

結婚というのは新居に引越したりと何かとお金がかかるということが身にしみて分かりました。

仕事選びはもちろん、結婚というキャリアを築く上でも収入は重要なのです。

一方で、結婚というのはお互いの支え合いなので、必ずしも双方に収入が必要とは限りません。

これは学生結婚に限らず言える話で、今後、どちらかが何かチャレンジングなこと(例えば新しい事業など)をしたい場合でも、助け合えばよいのだという考えが強くなりました。

また、支え合いというのは心理的な側面も大きく、お互いを支え合うことで、やりたいことに集中できることも痛感しました。(旦那の場合は研究、私の場合はこの事業)

 

最後に

上記は皆さんが人生のキャリアを築く上で、特に大学生の皆さんにとっては価値観の変わるものだったのではないでしょうか。

旦那のキャリアは私と違うため、皆さんのキャリアの参考になることも多いと考えています。

そこで、次回以降は旦那も絡めて記事を書きたいと思います。

知りたいことがあれば、TwitterやLINEで教えてくださいね!

 

 

LINE@でコメントや無料相談受け付けてます。記事の題材も募集中です!

 ↓↓更新通知が届くLINE@、ぜひ登録を!

友だち追加

 

 家庭教師事業を行っています。

 

careeroxygen.hatenablog.com

 

より多くの方へ発信したいため、よろしければクリック、お願いします。

(ランキングページへ飛びます)

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 進路指導・キャリア教育へにほんブログ村

 

よろしければシェアお願いします。