さんそ先生のキャリア教室

子どもたちの進路・キャリアに助力できるようなことを書きます。

私が大学受験で敗北を味わった話#2

f:id:ohtsu-hitomi:20170827114706j:plain


私が高校に入学してからここまでの話は

私が大学受験で敗北を味わった話#1 - さんそ先生のキャリア教室

をご覧いただければと思います。

 

さて、目指すものがあるモチベーションのおかげか、勉強にも身が入ります。

高校1年生の間は京都大学C判定、もう少しでB判定というところを推移していました。

 入学すぐの成績はまぐれではなかったのです。

 

そして、高校2年生になってもその成績は続き、もっと成績を伸ばしたい、なぜ伸びないのかと悩んでいるくらいでした。 

そうこうしていると、高校2年生の冬になり、全国模試に理科・社会が入るようになります。(それまでの模試は英語・国語・数学の3教科でした)

 

ここに来て成績の急降下が始まります。

受ける模試はどれもこれも京都大学E判定、模試の数も多くなり、復習も追いつかなくなっていました。

それでも京都大学へ行きたい思いは消えず、模試の第一希望には京都大学を書き続けました。

 

復習は追いつかないまま、大学入試2次試験のための勉強をしなければと焦り始めます。

私が目指していた京都大学工学部の入試教科は英語・国語・数学・理科でした。

他の大学の理系学科にはない国語があり、また、どの教科も応用力を問う問題が多いのが特徴でした。

 

そんな中で高校3年生を迎えました。

その頃の成績はというとやはり京都大学E判定でした。

さらに、理科・数学の成績が思うように伸びず、国語ばかりが伸びるようになっていました。

この成績のバランスによって、第二志望以降に書いた広島大学を含めたどこの大学も、判定は芳しくないものばかりでした。

 

それでも京都大学1本しか考えていなかった私は、とにかく勉強あるのみと懸命に頑張ります。

しかし、夏休みが終わっても結果は変わりません。

 

そして10月に受けた京大模試はE判定でした。

 

もはや何のために勉強を頑張っているのか分からなくなりました。

 

何がダメなんだろう、

どうして成績が落ちていくんだろう、

高校2年生まであんなに成績は良かったのに

頑張っているのに、京都大学どころかどこの大学にも行けそうもない…

 

それまで勉強で苦労したことのなかった私が味わった、完全なる敗北でした。

 

数日何も考えられず、寒い中地元の田舎道をただ歩いたり、部屋の中で隠れて泣いたりしました。

 

そして一度立ち止まり、友達や先生に悩みを打ち明けました。

気づいたら泣いていました。

 

そして、気持ちに整理がつき、部屋で現状分析を始めました。

その時にはもう、京都大学への執念は消えていました。

 

自分がベストを尽くして行ける、一番頭の良い人達が集まる大学に行く。

これがその時の目標でした。

 

その時の成績はと言うと、英語は難関大でも戦えるレベル、国語に至っては京大模試で上位をとれるレベルだが、数Ⅲ・理科が弱く、社会はてんでダメというものでした。

文系に転換しても戦えない、他大学の理系学科でも戦えない、最悪の状況でした。

 

そんな中で、名古屋大学理学部であれば、現代文の入試科目があることを知っていました。

さらに、赤本を見ると、数学理科は基礎的な問題が多く、高校2年までに基礎ができている自分でも戦えそうであることが判明します。

 

名古屋大学は、旧帝大の一つであり、ノーベル賞研究者も多く出す大学ですが、他大学よりも知名度が低く、親を説得するのに一苦労しました。

しかし、何とか説得に成功し、センター試験はそこそこに赤本を解きまくりました。

 

そして、何とか名古屋大学に現役合格し、今に至っています。
 

受験生の皆さんに伝えたいのは、一つの選択肢に固執せず、ベストを尽くしてほしいということです。

キャリアを形成する上で、皆さんの前には様々な選択肢があり、その選択の積み重ねが未来を作ります。

 

また、皆さんの成績の良い悪いも人それぞれで、とてもデコボコしたものでしょう。

そのデコボコした成績を上手く舵取りしながら、最も適したフィールドで戦うのが受験だと思います。

 

私はキャリアの家庭教師であると同時に、中学・高校教員免許保持者でもあります。

キャリアを形成する上で必要な学力のフォローも同時に行っていけたらと思います。

自分が敗北を味わっているから尚更です。

 

受験、頑張っていきましょう。

 

 

LINE@でコメントや無料相談受け付けてます。記事の題材も募集中です!

 ↓↓更新通知が届くLINE@、ぜひ登録を!

友だち追加

 

 家庭教師事業を行っています。

 

careeroxygen.hatenablog.com

 

より多くの方へ発信したいため、よろしければクリック、お願いします。

(ランキングページへ飛びます)

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 進路指導・キャリア教育へにほんブログ村

 

よろしければシェアお願いします。