さんそ先生のキャリア教室

子どもたちの進路・キャリアに助力できるようなことを書きます。

将来の夢がない子ども達に伝えたい話

 

f:id:ohtsu-hitomi:20170905162428j:plain

こんにちは、さんそです!

 

突然ですが、皆さんは小さい時に将来の夢、ありましたか?

 私はありませんでした。

 学校で将来の夢を書く時も、その場しのぎで夢を作って本当になれる、なりたいとは思ってもいない子でした。 

だから、今でも「将来の夢がない」という子どもが多いと言われても、「将来の夢なんて簡単に見つからないよね」と言いたくなります。

 

過去を振り返って印象的なのは、小学校卒業間際に、周りの女の子達が書いていた将来の夢が「薬剤師」で、高校に入る頃までそれが続いていたことですね。 

私はその子達に「なんで薬剤師になりたいの?」と聞くと、「『女子でも資格があれば一度やめても復職できる』『ドラッグストアや薬局ならどこにでもあるからどこかしらで働ける』と親や友だちに教えてもらったから」という答えが返ってきました。

 

職業とは生計を立てるための手段です。 

友達の理屈がその意味で部分的に正しいことを分かってはいながらなお、「やりたいことって何なんだ、それじゃつまらなさ過ぎだ」「皆と同じものを目指してパイを奪い合うのは嫌だ」と思ったことだけは鮮明に覚えています。 

しかし、そんな私がその時どんな夢を書いたのかは今では覚えていません。

 

ところで、現在の子ども達は将来の夢をどう捉えているのでしょう。

 

中高生が将来なりたい職業は? | マイナビニュースを見ていると、TV、You Tube、ゲームなど、今の中高生は自分の触れるものに関わる職業に興味を惹かれているようですね。 

より幅広く、職業を身近に感じているというのは、良い傾向だと思います。

 

一方で、やはり私と同じように冷めた気持ちで将来を見つめる子ども達もいるでしょう。

 

そんな子達には「将来の夢を見つける高い視点と広い視野を得るために、学校の勉強を頑張った方がいい」と伝えたいです。

 

ちなみに、学校の勉強が全てではないですが、学校の勉強が出来なければ、なりたくてもなれない職業は多いものです。

例えば上に挙げた薬剤師も、薬学を学ぶための大学に行って、6年間勉学に励む必要があります。

もし、学校の勉強とは違う努力が必要な職業だったとしても、学校の勉強が出来るに越したことはありません。

 

さて、学校の勉強を通して培われる思考力や知識の吸収力が高い視点を与えてくれるのは、私も実感しているところです。 

さらに、同じく高い視点をもつ優秀な友人と経験や思考を共有することは、自らに広い視野を与えてくれます。

 

上で、今の中高生は自分の触れるものに関わる職業に興味があるようだと述べました。

中高生は高い視点と広い視野によって、自分の触れるものにより多くの関連性や興味を見出すことが出来るでしょう。

 

私が今の職業に興味を抱くようになった経緯は折を見てブログに上げようと思います。

 

 

LINE@でコメントや無料相談受け付けてます。記事の題材も募集中です!

 ↓↓更新通知が届くLINE@、ぜひ登録を!

友だち追加

 

 家庭教師事業を行っています。

 

careeroxygen.hatenablog.com

 

より多くの方へ発信したいため、よろしければクリック・いいね、お願いします。

(ランキングページへ飛びます)

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 進路指導・キャリア教育へにほんブログ村

よろしければシェアお願いします。