さんそ先生のキャリア教室

子どもたちの進路・キャリアに助力できるようなことを書きます。

2018年度文科省予算から考えるキャリア教育のあり方

f:id:ohtsu-hitomi:20170920194406j:plain

こんにちは、さんそです!

 

本日は以下のニュースへの解説・見解を述べます。

www.huffingtonpost.jp


記事の概要はと言いますと、以下のような内容となっています。

文部科学省は選択肢の多様化に合わせた進路指導の調査や、起業体験の推進などのモデル事業を実施するため、2018年度予算概算要求に関連経費を盛り込んだ。

具体的には、主に小学校高学年(5、6年生)を対象とした進路指導の調査にて、児童や保護者のニーズ掘り起こし、進路に関する情報提供の仕方など効果的な指導のあり方を検討したり、起業体験の推進事業を行ったりする。

 進路指導に対するニーズが増えている一方で、民間の塾と公立学校との間で、相談体制や情報量に格差が生じてしまっている。
こうした実情を踏まえて、モデル事業は、自分の将来を考えるのに必要な情報を、児童・生徒が等しく得られるようにする狙いがある。
なりたい職業やキャリアを意識した上で、どんな進路選択や勉強をするべきかを考える教育を推進したい考えだ。

 

このように予算に盛り込み、小学校のうちから将来への目的意識を身に付けてほしいという国としての方針を明確化することはとても良い動きだと思います。

ただ、率直に言って、もっと民間の塾などを活用し、教員の負担を減らさないことには、全国には広まらず、机上の空論で終わってしまうと思います。

もしくは、別の切り口で言えば、教員の負担を減らす取り組みを推進し、キャリア教育に集中できる環境を作る必要があるでしょう。

 

なぜかと言いますと、現状、教員自体がキャリア教育を軽視しているわけではないからです。

 

株式会社リクルートマーケティングパートナーズ リクルート進学総研の実施した「2016年 高校の進路指導・キャリア教育に関する調査」報告書によると、キャリア教育の重要性を把握し、今後の位置づけについて「キャリア教育に取り組むべき」と回答した教員は全体の87%に上っています。

 

一方で、約6割(複数回答)の教員が「教員の負担の大きさ」により教員によるキャリア教育の推進を難しくしていることが分かっています。

 

文科省がせっかく動き始めているのに、これは非常に勿体無いことだと私は思います。

上記取り組みを実践し、「皆が行くから私立の中学校に行く」転じて「皆が行くから何となく大学に行く」、そのようなことが少しでも減ってほしいと願っています。

 

文科省の動き出しにより、キャリア教育の切り口は幅広くなりそうです。

 

ここで私の理想論を語りますと、私のようにキャリア教育を生業としている方が増え、全国的に公立小学校の支援ができるようになると良いと思っています。

上記で民間の塾を活用と書きましたが、民間の塾そのものも、この文科省の動きを受けて、キャリア教育に強いタイプの塾が出てきても良いように思います。

 

逆に、文科省のキャリア教育の動きを、私達キャリア教育を生業としている者がキャッチアップし、自身のキャリア教育に活かしていくということも必要になる時代になるでしょう。

 

上記のような、とても好循環な世の中になってほしいというのが、私の理想論です。

 

LINE@でコメントや無料相談受け付けてます。記事の題材も募集中です!

 ↓↓更新通知が届くLINE@、ぜひ登録を!

友だち追加

 

 家庭教師事業を行っています。

 

careeroxygen.hatenablog.com

 

より多くの方へ発信したいため、よろしければクリック、お願いします。

(ランキングページへ飛びます)

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 進路指導・キャリア教育へにほんブログ村

 

よろしければシェアお願いします。

 

 

【大学選びの入り口】THE世界大学ランキングと偏差値の両方を見よう

f:id:ohtsu-hitomi:20170827114706j:plain


こんにちは、さんそです!

 

 今回はまだ大学選びがよくわからない、やりたいことが決まっていない受験生及びその保護者向けに記事を書きます。

 

伝えたいことはズバリ、タイトルのとおり、「THE世界大学ランキングと偏差値の両方を見よう」というものですが、その根拠を丁寧に伝えていきたいと思っています。

 

そもそも、THE世界大学ランキングとは何かと言いますと、イギリスの新聞「The Times」から派生した高等教育専門の週刊誌「Times Higher Education(THE)」が発表している、79か国/地域の大学を、研究力、教育力、国際性などの面から評価したランキングのことです。

2004年に始まり、特に大学院における研究力が重視されているのが特徴です。

 

この研究力というのが意外と大きいのです。

大学に投じられる国からの費用は研究費です。

実績のある大学には研究費が多く投じられる傾向があります。

つまり、皆さんが実際に大学で使える研究材料も潤沢に存在することになります。

また、研究費が多くあるということは教授も多く存在することになり、幅広い知見に触れられる可能性が高くなる、と解釈できます。

 

ちなみにTHE世界大学ランキング日本版というのも存在します。

これは、教育力を重視して日本の大学をランキング付けしているものです。

THE世界大学ランキングに掲載されている日本の大学のみを抜粋したものではないので注意が必要です。

 

自分が大学進学に求めるものによっては、日本版を参考にするのも良いでしょう。

 

さて、この毎年発表される度に話題となるほど有名なランキングですが、これだけでは大学選びの基準としてはいささか不十分と言えます。

 

それは、研究力や教育力を比較するだけでは、自身の能力に見合った大学を選ぶことができないからです。

 

「能力」の定義は様々ですが、高校生にとって最も価値のある基準はやはり偏差値でしょう。

  

大学の教授方々は、大学の母集団の学力に合わせて話をします。

いくらTHE世界大学ランキングで教育力を評価された大学でも、自分が付いていけなかったり、身に余るようであれば意味がありません。

 

また、一般に偏差値が高い大学の方が思考力や考え抜く力の強い学生、俗にいう頭のいい学生が多いです。

これは、私自身様々な大学の学生と話す機会でも感じますし、高校時代に信頼のおける先生からも言われたことでした。


そういった環境下で他の学生からの影響を受けることは自分の成長に繋がります。

 こういった基準が、THE世界大学ランキングでは見えないためです。

 

 

 

こういった理由から偏差値も重要な基準となるのです。

 

やりたいこと探しを大学にとっておくなら、もしくは大学選びの入口として活用するのであれば、ぜひTHE世界大学ランキングと偏差値の両方を参考にしてほしいと思います。

参考:総合ランキング|THE世界大学ランキング 日本版

 

LINE@でコメントや無料相談受け付けてます。記事の題材も募集中です!

 ↓↓更新通知が届くLINE@、ぜひ登録を!

友だち追加

 

 家庭教師事業を行っています。

 

careeroxygen.hatenablog.com

 

より多くの方へ発信したいため、よろしければクリック、お願いします。

(ランキングページへ飛びます)

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 進路指導・キャリア教育へにほんブログ村

 

よろしければシェアお願いします。

 

家庭教師STANDの詳細

f:id:ohtsu-hitomi:20170827184929j:plain

これまでの記事を読んでいただいている方はご存知とは思いますが、私はSEの仕事の傍ら、家庭教師や大学生へのアドバイザーを務めています。

今回は、私が個人で運営している教育事業、家庭教師STANDについてご紹介します。


家庭教師STANDだけの魅力

1.教育・企業就職のプロが徹底個別指導

講師は中学・高校教員免許(数学)を取得している教育のプロであり、かつ、3年間企業のリクルーターや大学でのキャリア教育実施の経験をもつ企業就職のプロです。
進路指導では適職診断テストCPS-Jやなどを用いて社会人経験を基にしたアドバイスも交えながら生徒の進路を考えていきます。
キャリアを見据えた個別学習指導で生徒のやる気をUPします。

 

2.講師が保護者・生徒に対して全日・時間無制限で丁寧に個別相談

「学習・キャリア相談ホットライン」では、全日・時間無制限で保護者の方や生徒からのLine@・Skypeでの個別相談を受けています。
また、保護者の方からの生徒に対するお悩み相談を受け付けているのも大きな特徴です。
 

3.テキスト代・入会金等一切不要

分かりやすい料金体系で、別途料金は発生しません。
学習指導では別途テキストなし!お手持ちのテキスト・テスト結果を元に指導します。
進路指導で使用する適職診断テストCPS-Jなども無料で実施できます。


講師紹介

広島県立呉三津田高等学校 卒業

 高校時代の私については以下2編参照

 私が大学受験で敗北を味わった話#1 - さんそ先生のキャリア教室

 私が大学受験で敗北を味わった話#2 - さんそ先生のキャリア教室

 

名古屋大学理学部 現役合格
 在学中に中学・高校教員免許(数学)を取得
 少人数指導塾の講師として、小・中・高校生に英語・国語・数学を教える

名古屋大学理学部数学科を卒業後、某大手IT企業に入社
 3年間、リクルーターとして大学生にキャリア指南
 大学生向けに講師としてキャリア教育を実施

学生の漠然とした未来設計に問題意識を感じ、起業 現職に至る

  起業経緯の詳細は以下のとおり
careeroxygen.hatenablog.com

 

対応可能エリア

東京都23区(23区外については要相談)

※交通費はご負担いただく形となりますので、ご留意ください

料金(月額・対面週1回・相談時間無制限)

中学生:25,000円+交通費
高校生・浪人生:28,000円+交通費

※ご自宅に学習スペースがない場合は講師宅(東京都江東区)をご利用いただくことも可能です。(要相談)

※「学習・キャリア相談ホットライン」付:Line@・Skypeにて、電話やメッセージを送っていただきますと、訪問時以外の時間でも勉強の分からないことや進路について相談に乗ります。
※別途テキストの購入は必要ありません。お手持ちのテキスト・テスト結果を元に指導します。
※小学生を対象とした指導はご相談願います。


指導内容

週1で訪問(来訪)、90分で指導します。

「英語・国語・数学のいずれか」をお選びいただきます。複数選択の場合は、指導の割合を相談し決定します。

(例えば、いつもは数学の宿題を指導してほしいけど、テスト前は英語と数学を半々で指導してほしい、など)

キャリア教育と教科科目の指導の割合やペースは生徒の学習状況や学年に合わせて、学習計画を立てていきます。

生徒との勉強の様子は指導報告書にて保護者の方にお伝えいたします。

また、「学習・キャリア相談ホットライン」では、Line@・Skypeにて、電話やメッセージを送っていただきますと、講師の訪問時以外の時間でも勉強の分からないことや進路について相談することができます。保護者の方からのお悩み相談も受け付けています。


指導開始までの流れ

まずはご連絡でご相談を。
 ↓
教科科目の体験授業を1回無料でお試しいただけます。
 ↓
保護者の方・生徒と個別でお話し、学習プランを立てます。
学習状況や将来の展望や不安など、ざっくばらんにお話しましょう。
ここまでは料金はかかりません。
 ↓
一緒に勉強したいと思っていただければ、申込いただきます。
 ↓
翌日から指導・相談開始可能です。


家庭教師・お手伝いさん募集

自身の社会人経験を生徒に還元しませんか。STANDの活動に共感をもった方はお気軽にご連絡ください!


連絡先(問い合わせ)

友だち追加

メール:ohtsu.hitomi@gmail.com

 

私が大学受験で敗北を味わった話#2

f:id:ohtsu-hitomi:20170827114706j:plain


私が高校に入学してからここまでの話は

私が大学受験で敗北を味わった話#1 - さんそ先生のキャリア教室

をご覧いただければと思います。

 

さて、目指すものがあるモチベーションのおかげか、勉強にも身が入ります。

高校1年生の間は京都大学C判定、もう少しでB判定というところを推移していました。

 入学すぐの成績はまぐれではなかったのです。

 

そして、高校2年生になってもその成績は続き、もっと成績を伸ばしたい、なぜ伸びないのかと悩んでいるくらいでした。 

そうこうしていると、高校2年生の冬になり、全国模試に理科・社会が入るようになります。(それまでの模試は英語・国語・数学の3教科でした)

 

ここに来て成績の急降下が始まります。

受ける模試はどれもこれも京都大学E判定、模試の数も多くなり、復習も追いつかなくなっていました。

それでも京都大学へ行きたい思いは消えず、模試の第一希望には京都大学を書き続けました。

 

復習は追いつかないまま、大学入試2次試験のための勉強をしなければと焦り始めます。

私が目指していた京都大学工学部の入試教科は英語・国語・数学・理科でした。

他の大学の理系学科にはない国語があり、また、どの教科も応用力を問う問題が多いのが特徴でした。

 

そんな中で高校3年生を迎えました。

その頃の成績はというとやはり京都大学E判定でした。

さらに、理科・数学の成績が思うように伸びず、国語ばかりが伸びるようになっていました。

この成績のバランスによって、第二志望以降に書いた広島大学を含めたどこの大学も、判定は芳しくないものばかりでした。

 

それでも京都大学1本しか考えていなかった私は、とにかく勉強あるのみと懸命に頑張ります。

しかし、夏休みが終わっても結果は変わりません。

 

そして10月に受けた京大模試はE判定でした。

 

もはや何のために勉強を頑張っているのか分からなくなりました。

 

何がダメなんだろう、

どうして成績が落ちていくんだろう、

高校2年生まであんなに成績は良かったのに

頑張っているのに、京都大学どころかどこの大学にも行けそうもない…

 

それまで勉強で苦労したことのなかった私が味わった、完全なる敗北でした。

 

数日何も考えられず、寒い中地元の田舎道をただ歩いたり、部屋の中で隠れて泣いたりしました。

 

そして一度立ち止まり、友達や先生に悩みを打ち明けました。

気づいたら泣いていました。

 

そして、気持ちに整理がつき、部屋で現状分析を始めました。

その時にはもう、京都大学への執念は消えていました。

 

自分がベストを尽くして行ける、一番頭の良い人達が集まる大学に行く。

これがその時の目標でした。

 

その時の成績はと言うと、英語は難関大でも戦えるレベル、国語に至っては京大模試で上位をとれるレベルだが、数Ⅲ・理科が弱く、社会はてんでダメというものでした。

文系に転換しても戦えない、他大学の理系学科でも戦えない、最悪の状況でした。

 

そんな中で、名古屋大学理学部であれば、現代文の入試科目があることを知っていました。

さらに、赤本を見ると、数学理科は基礎的な問題が多く、高校2年までに基礎ができている自分でも戦えそうであることが判明します。

 

名古屋大学は、旧帝大の一つであり、ノーベル賞研究者も多く出す大学ですが、他大学よりも知名度が低く、親を説得するのに一苦労しました。

しかし、何とか説得に成功し、センター試験はそこそこに赤本を解きまくりました。

 

そして、何とか名古屋大学に現役合格し、今に至っています。
 

受験生の皆さんに伝えたいのは、一つの選択肢に固執せず、ベストを尽くしてほしいということです。

キャリアを形成する上で、皆さんの前には様々な選択肢があり、その選択の積み重ねが未来を作ります。

 

また、皆さんの成績の良い悪いも人それぞれで、とてもデコボコしたものでしょう。

そのデコボコした成績を上手く舵取りしながら、最も適したフィールドで戦うのが受験だと思います。

 

私はキャリアの家庭教師であると同時に、中学・高校教員免許保持者でもあります。

キャリアを形成する上で必要な学力のフォローも同時に行っていけたらと思います。

自分が敗北を味わっているから尚更です。

 

受験、頑張っていきましょう。

 

 

LINE@でコメントや無料相談受け付けてます。記事の題材も募集中です!

 ↓↓更新通知が届くLINE@、ぜひ登録を!

友だち追加

 

 家庭教師事業を行っています。

 

careeroxygen.hatenablog.com

 

より多くの方へ発信したいため、よろしければクリック、お願いします。

(ランキングページへ飛びます)

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 進路指導・キャリア教育へにほんブログ村

 

よろしければシェアお願いします。

私が大学受験で敗北を味わった話#1

f:id:ohtsu-hitomi:20170827114706j:plain

こんにちは、さんそです!

今日は私の大学入試を振り返って書こうと思います。

 

高校時代、私は広島の田舎に住んでいました。

地元での常識は、「広島大学に行って広島の有名な企業に就職する」のがベストなキャリア形成とされていました。

私も何となく広島の中で一生暮らすんだろうなぁと考えていたので、広島大学に行けたらいいなぁくらいに思っていました。

 

そんな環境の中で、私は(努力はしましたが)特に苦労もなく、地元では有名な進学校に進学しました。 

その高校は、広島大学への進学を目指す高校で、私の親もとても喜んでくれました。

 

そして入学後、初めて全国模試を受けると、なんと京都大学C判定、広島大学A判定が出ました。

クラス担任からは三者面談で母親に「現時点でこの成績を出せるお子さんを広島に留まらせるのはもったいない、外に出して広い世界を見せてやってほしい」と伝えられました。

 

広島という世界が全てだと思っていた自分からすると、クラス担任の発言そのものが自分の価値観を変えるものでした。

 

そして両親は、元々女の子である私を広島県から外に出すつもりはありませんでした。

しかし、クラス担任の発言を受けて「広島大学の偏差値を超える学力であるならば、広島県の外に出してもいい」と言ってくれました。

 

これは私にとって、とてつもなく嬉しいことでした。

私の頭の中では、田舎を出て憧れの一人暮らしをし、様々な物事に触れている姿が描かれていました。 

 

クラス担任や当時好きだった先生がたまたま京都大学出身だったこと、当時、京都大学出身の作家、森見登美彦の作品にはまっていたことから、私は京都大学を目指すことにしたのです。

 
続きます。 

careeroxygen.hatenablog.com

 

 

LINE@でコメントや無料相談受け付けてます。記事の題材も募集中です!

 ↓↓更新通知が届くLINE@、ぜひ登録を!

友だち追加

 

 家庭教師事業を行っています。

 

careeroxygen.hatenablog.com

 

より多くの方へ発信したいため、よろしければクリック、お願いします。

(ランキングページへ飛びます)

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 進路指導・キャリア教育へにほんブログ村

 

よろしければシェアお願いします。

将来の夢がない子ども達に伝えたい話

 

f:id:ohtsu-hitomi:20170905162428j:plain

こんにちは、さんそです!

 

突然ですが、皆さんは小さい時に将来の夢、ありましたか?

 私はありませんでした。

 学校で将来の夢を書く時も、その場しのぎで夢を作って本当になれる、なりたいとは思ってもいない子でした。 

だから、今でも「将来の夢がない」という子どもが多いと言われても、「将来の夢なんて簡単に見つからないよね」と言いたくなります。

 

過去を振り返って印象的なのは、小学校卒業間際に、周りの女の子達が書いていた将来の夢が「薬剤師」で、高校に入る頃までそれが続いていたことですね。 

私はその子達に「なんで薬剤師になりたいの?」と聞くと、「『女子でも資格があれば一度やめても復職できる』『ドラッグストアや薬局ならどこにでもあるからどこかしらで働ける』と親や友だちに教えてもらったから」という答えが返ってきました。

 

職業とは生計を立てるための手段です。 

友達の理屈がその意味で部分的に正しいことを分かってはいながらなお、「やりたいことって何なんだ、それじゃつまらなさ過ぎだ」「皆と同じものを目指してパイを奪い合うのは嫌だ」と思ったことだけは鮮明に覚えています。 

しかし、そんな私がその時どんな夢を書いたのかは今では覚えていません。

 

ところで、現在の子ども達は将来の夢をどう捉えているのでしょう。

 

中高生が将来なりたい職業は? | マイナビニュースを見ていると、TV、You Tube、ゲームなど、今の中高生は自分の触れるものに関わる職業に興味を惹かれているようですね。 

より幅広く、職業を身近に感じているというのは、良い傾向だと思います。

 

一方で、やはり私と同じように冷めた気持ちで将来を見つめる子ども達もいるでしょう。

 

そんな子達には「将来の夢を見つける高い視点と広い視野を得るために、学校の勉強を頑張った方がいい」と伝えたいです。

 

ちなみに、学校の勉強が全てではないですが、学校の勉強が出来なければ、なりたくてもなれない職業は多いものです。

例えば上に挙げた薬剤師も、薬学を学ぶための大学に行って、6年間勉学に励む必要があります。

もし、学校の勉強とは違う努力が必要な職業だったとしても、学校の勉強が出来るに越したことはありません。

 

さて、学校の勉強を通して培われる思考力や知識の吸収力が高い視点を与えてくれるのは、私も実感しているところです。 

さらに、同じく高い視点をもつ優秀な友人と経験や思考を共有することは、自らに広い視野を与えてくれます。

 

上で、今の中高生は自分の触れるものに関わる職業に興味があるようだと述べました。

中高生は高い視点と広い視野によって、自分の触れるものにより多くの関連性や興味を見出すことが出来るでしょう。

 

私が今の職業に興味を抱くようになった経緯は折を見てブログに上げようと思います。

 

 

LINE@でコメントや無料相談受け付けてます。記事の題材も募集中です!

 ↓↓更新通知が届くLINE@、ぜひ登録を!

友だち追加

 

 家庭教師事業を行っています。

 

careeroxygen.hatenablog.com

 

より多くの方へ発信したいため、よろしければクリック・いいね、お願いします。

(ランキングページへ飛びます)

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 進路指導・キャリア教育へにほんブログ村

よろしければシェアお願いします。

私がキャリア教育の家庭教師をしようと思ったきっかけの話

f:id:ohtsu-hitomi:20170827114706j:plain

 

こんばんは、さんそです!

ブログを始めて約1週間、多くの方にご愛読いただき、大変嬉しく思っています。ありがとうございます。

 

教科書的な記事も少したまったので、今後は自分のことや教育系のニュースに対する見解なども書いていけたらと思います。

 

さて、今回は私がキャリア教育の家庭教師をしようと思ったきっかけを回想しながらお伝えします。

 

話は就職活動の時期に遡ります。

私は中学・高校教員免許をもっていて、企業への就職か、教師になるかで迷っていました。

 

その時は、「誰かに何かを教えて、その子の未来、その子を通じて世の中の未来を良くしたい」という思いが漠然とありました。

ただ、思いが固まりきらなかったこと、教師になると企業への転職は難しいことから、企業へ就職することに決めました。

 

そして今の企業に就職してからも、上記の教えたいという気持ちは消えませんでした。

 

また、そんな思いをもっているからか、大学の後輩達が「現在の大学での勉強と、将来の就職先や自分のやりたいこととのギャップを感じる」と話していたことが、多く頭をよぎるようになっていました。

 

さらに、就職してから知り合った大学の後輩からも上記のような悩みを相談され、それに答えるうちに、「学校の世界だけしか知らない先生では教えられないことを、私が何かしらの形で高校生や大学生に教えてあげられれば、こんな悩みをもつ子は減るんじゃないだろうか」と考えるようになっていました。

 

そんな中で、自分の受けた研修の外部講師の方が、週末起業でデザイン思考を教えるという、全く新しいスクールを開いていることを知りました。

 

企業に就職してしまったら、もう教える立場には立てないと思っていた自分にとっては、衝撃的な事実でした。

 

しかも、学校の教科といった枠組みに捕らわれず、あんなにも自由なテーマで教えたいことを教えられるなんて、素敵だ!とも思いました。

それから「一人一人に寄り添い、キャリアについて教え、将来を一緒に考える家庭教師をしよう」と思いで、今の取り組みに至っています。

 

これが、キャリア教育の家庭教師をしようと思ったきっかけです。

 

上記は極端かもしれませんが、就職活動から社会人1・2年目はかなり大きな大きな心境の変化等が生まれます。

折を見て、私の就活体験談や大学時代の回想、社会人になってからの話も書きたいです。

まだ私も若いので、色々参考になればと思います。

 

LINE@でコメントや無料相談受け付けてます。記事の題材も募集中です!

 ↓↓更新通知が届くLINE@、ぜひ登録を!

友だち追加

 

 家庭教師事の詳細はこちらから。

 

careeroxygen.hatenablog.com

 

より多くの方へ発信したいため、よろしければクリック・いいね、お願いします。

(ランキングページへ飛びます)

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 進路指導・キャリア教育へにほんブログ村

よろしければシェアお願いします。